講演会「原発をめぐる情勢と今日の課題」 【弁護士 大江 京子】

東京電力福島第一原子力発電所の大事故から2年3ヶ月以上が経過しました。
しかし今なお、原発は破局的危機が訪れる可能性をはらみ、15万人以上もの人々が避難先からの帰郷の見通しがたたず、被害の回復、補償、賠償は遅々として進みません。
避難者の帰還は様々な困難に直面し、脱原発をめざす市民運動や訴訟、被害者訴訟などが大きく広がる一方で、第2次安倍内閣の下、停止原発の再稼働、原発建設の再開へ向けて大きく舵が切られ、原発の輸出が積極的に推し進められてきています。
私たちは、昨年4月7・8日、法律家、科学者、ジャーナリストなどジャンルを超えた11の団体で実行委員会を結成して「『原発と人権』全国研究・交流集会in福島」を企画し、大きな成果を上げることが出来ました。
そして来年4月に第2回の「全国研究・交流集会in福島」の開催を目指して実行委員会準備会を立ち上げました。

本企画は、その発足記念企画として、伴英幸さんに、原発輸出問題、規制基準と再稼働、政治情勢など、原発をめぐる様々な情勢と脱原発に向けての課題をお話し頂きます。

☆☆☆☆***☆☆***☆☆***☆☆☆☆
「原発をめぐる情勢と今日の課題」
原子力資料情報室共同代表・事務局長
伴英幸さん
日 時:2013年7月17日(水)18:15-20:15(開場 18:15~)
場 所:第二東京弁護士会10階1003BCD会議室(霞が関B1出口)
資料代:500円
主 催:原発と人権ネットワーク
http://genpatsu-jinken.net
☆☆☆☆***☆☆***☆☆***☆☆☆☆

シンポジウム「子どもの権利条約から、今、あるべき少年審判を考える」 【弁護士 仲里 歌織】

 今、少年法が、厳罰化、検察官関与対象事件の拡大の方向で改正されようとしています。
 下記のシンポジウムでは、少年法改正で問題となっている検察官関与対象事件の拡大について、みなさんと共に考えたいと思います。
 「少年事件に検察官が関与することは、何が問題なのだろうか」と素朴な疑問を持っている方、少年法改正問題について関心を持っている方等、ぜひ下記シンポジウムにご参加頂ければと思います(なお、私は演劇に参加します)。

■シンポジウムのご案内
シンポジウム「子どもの権利条約から、今、あるべき少年審判を考える」
日 時 2013年6月5日(水)18時~20時30分
会 場 弁護士会館3階301大会議室
対 象 一般
定 員 150名(入場無料・申込不要・先着順)
主 催 東京弁護士会

プログラム
(1)演劇 もがれた翼特別講演「凍りつく声2013」
(2)事例報告「検察官が関与した少年審判」
-押見和彦(弁護士・仙台弁護士会)
(3)パネルディスカッション「子どもの権利条約から考える少年法改正」
パネリスト
-澤登俊雄氏(國學院大学名誉教授)
-多田元氏(弁護士・愛知県弁護士会)
-坪井節子氏(弁護士・東京弁護士会)

孫崎亨氏講演会のお知らせ 【弁護士 大江 京子】

安倍自民党政権は、尖閣問題・中国脅威論を口実に軍事大国化と憲法9条改悪を目論んでいます。中国の脅威に対抗するためには強い軍隊が必要との論理は、一見すると「説得力」を有しています。
しかし、中国北朝鮮の軍事力に軍事力で対抗することは、いたずらに緊張関係を高めるだけで逆効果であること、中国及び東アジア諸国との平和友好関係を構築するためには、中国と仲良くしなければならないこと、そのためには日本が過去の侵略の歴史を反省して、そのうえで軍事力に頼らない外交を展開すること(これこそが現行憲法の基本です)以外に道はないことを多くの方に考えて欲しいと思います。
憲法9条があってこそ日本の平和が守られてきたのであり、これからも日本国憲法9条の精神こそが東アジアと世界の平和・安全保障のための核となることを、国民に訴えて、納得してもらうことが必要です。

表記の集会は、このような趣旨で、今話題の孫崎さんを講師に招きました。
ぜひともご参加ください。

 

○ 日時 6月30日(日) 13:30~16:30 (開場 13:15)

○ 場所 明大リバティータワー1021教室(2F)

○ 主催 「撫順」から未来を語る実行委員会/社会思想史研究会

 

松島・中央9条の会の学習会に参加して 【弁護士 坂本 隆浩】

4月14日,江戸川区の松島・中央9条の会の学習会で話をしてきました。

憲法96条の改憲のための国会の発議を3分の2以上の賛成から2分の1に引き下げようとする動きがある中で,「憲法とはなにか」にはじまり,96条がどうして3分の2以上の賛成を必要としているか,それを2分の1に引き下げることのねらい,96条改憲の後に出てくる9条改憲,さらには全面改憲の内容,96条改憲についてのマスコミの報道内容とその問題点など,盛りだくさんの内容です。1時間の話の中では,自民党の改憲草案の内容をかなり省略したところもありますが,その後の9条の会をどのように大きくしていくかも含めた話し合いにも参加し,自分自身も勉強になる学習会でした。

憲法改悪を許さない,そのためにも学習会の講師要請には積極的にこたえていこうと当事務所の弁護士は考えています。少人数の学習会でもかまいませんので,学習会を開いて話を聞きたいという場合には,当事務所に気軽に声をかけてください。

 「i女のしんぶん」に記事が掲載されました 【弁護士 仲里 歌織】

子ども被災者支援法の施策の実現について、「i女のしんぶん」に、2013年3月10日付けで、記事が掲載されました。3.11から2年という中、未だ「基本方針」が定まらず、被災者のニーズにあった支援施策が提示されていない状況について、問題提起をしました。

3.11提訴のご報告 【弁護士 仲里 歌織】

26番113.3.11、各地で、原発事故の責任を問うべく一斉提訴が行われました。私が所属している「福島原発被害首都圏弁護団」でも、東京地方裁判所に3世帯8名の避難者で提訴しました。

 今回は、3世帯8名でしたが、東京には、復興庁が把握しているだけでも9037名の避難者がいます(2013.3.7時点)。避難者とお話をしていると、訴えたくても、様々な事情から声を上げることができない方も多くいるのだと感じます。

 原告になった方の想いや、原告にはなれなかったけれども平穏な生活を壊されて大変な思いをされている方の想いを受け止め、弁護士として、この訴訟に力を尽くしていきたいと思います。

 どうぞ、ご支援・ご協力をお願い致します。

 今後、2次提訴、3次提訴も予定しています。次回の説明会は5月19日13:30~を予定していますが、詳細は、下記弁護団のブログで告知がなされると思いますので、ご覧頂ければと思います。

 福島原発被害首都圏弁護団ブログ (こちらをクリックください) 

山口大学シンポジウムで報告してきました 【弁護士 仲里 歌織】

 山口大学研究推進体公開シンポジウム「東日本大震災3年目の課題(山口で考える広域避難と被災者支援のあり方)」で、「子ども被災者支援法の背景と現在の課題」について報告してきました。

 当日は、150名以上の方に参加頂きました。第1部が研究者からの報告で、第2部が支援団体や当事者からの報告でした。研究者、当事者、支援者からの話を伺い、「もう被災者ではない、自立しよう」という方、心が折れてしまう方、家に閉じこもる方等、被災者の状況はそれぞれ異なっていることを改めて感じましたし、一人ひとりにあった支援を、いち早く実施する必要性を感じました。

 支援法については、支援法に対する期待や、他方で未だ「基本方針」が定まらない点に対する質問がなされ、復興庁の対応の遅さを誰もが感じている状況下において、私たち法律家も精一杯声をあげなければと再認識しました。

□日時:2013.3.9(土)13:00-17:20

□会場:山口大学吉田キャンパス1番教室

□主催:山口大学研究推進体「東日本大震災における避難者のリスク意識と社会的ネットワークに関する比較研究」

□共催:山口地域社会学会、山口大学人文学部

□後援:山口大学

下町の防災を考えるシンポジウム開催のお知らせ

首都圏直下型大地震の可能性が指摘されています。地震の予測はどのようにされるのか、実際に首都圏での大地震はどの程度の可能性なのか。また、東京湾での津波の可能性や対策についてスーパー堤防は有効なのか、住宅の耐震化、家庭や地域での防災の備えなどについて皆さんと一緒になって考えたいと思います。

日 時: 2012年4月14日(土) 午後1時30分~4時30分
場 所: すみだ生涯学習センター・ユートリア B棟2階ホール
定 員: 200名
参加費: 1,000円

プログラム

1:15 会場
1:30 開会
報告1.地震の確率予測「今なぜ、首都直下地震か」
水野 浩雄(地震学者、元香川大学教授)
報告2.津波対策とスーパー堤防
西田 祥文(元建設省土木研究所河川研究室)
報告3.墨田区の耐震改修助成制度
小柳 堅一(墨田区 建築指導課長)
報告4.住宅の耐震改修事例と家庭での備え
松富 壽嗣(一級建築士)

3:10 パネルディスカッション 首都直下型地震に備える
パネリスト 水野 浩雄
西田 祥文
大江 京子(弁護士)
松富 壽嗣
コーディネーター 西田 譲(弁護士)

詳しくはこちら(PDF482KB)

 

タグ:
    2013年04月01日

江東革新懇・憲法学習会で講師をさせていただきました 【弁護士 山添 健之】

3月5日に、平和・民主主義・革新統一めざす江東懇話会(江東革新懇)さんの総会にお邪魔して、自民党の改憲草案を読み解く学習会「何が違う自衛隊と国防軍…安倍政権が狙う憲法『改正』とは」の講師をさせて頂きました。

私たちは、自民党改憲草案には、重大な問題点が数多く含まれていると考えていますが、多くの市民の方たちに、まだその問題点が知られていないと考えています。

第二次安倍政権の改憲にむけた動きや、その狙い、自民党改憲草案(自民党HPからダウンロードできますので、ぜひ一度読んでみてください。)の内容について、学習会を開催したいという地域の方は、講師を派遣させて頂きますので、ぜひ当事務所にご一報ください。

〇日時 3月5日午後6時30分~
〇場所 江東区総合区民センター
〇主催 平和・民主主義・革新統一めざす江東懇話会(江東革新懇)

「だから今KENPO憲法 歌と講演でSTOP改憲!緊急集会inすみだ」のお知らせ 【弁護士 大江京子】

昨年12月の総選挙の結果、平和憲法を改悪しようという勢力が圧倒的多数を占め、戦争のできる国にしようという動きが具体的になってきました。安倍政権は、尖閣問題、北朝鮮問題を口実に、集団的自衛権の行使を可能とする9条改憲をもくろんでいます。

わたしたちは、墨田区内において、日本と中国、日本と朝鮮の平和と友好を草の根から実現しようと活動している団体です。安倍政権のもくろむこの9条改憲、軍事大国化の動きは、私たちにとっても座視していることのできない危険な事態であると考えます。

日本国憲法の平和主義は、世界中で高く評価されており、今日日本が国際社会で信用を勝ち得ているのは日本国憲法の存在があるからこそといってもけして過言ではありません。とりわけ先の戦争において日本軍国主義の侵略と蛮行により多くの被害を与えた中国、朝鮮をはじめとするアジア諸国の人々と日本が真の友好関係を築いていくためには、日本国憲法の平和主義は欠かすことのできない約束です。憲法9条の存在と平和主義の実践こそがアジアの平和と友好の基礎であり、それが日本と世界の安全保障に繋がっていくと考えます。このような思いから私たちはSTOP改憲!緊急集会inすみだを企画いたしました。

『東京大空襲を経験し、反戦平和の誓いの地であるここ墨田で、今こそ草の根から憲法を守り暮らしにいかしていく声をあげたい!』これが本集会の趣旨です。

集会では、憲法の語り部として、楽しく親しみやすいご講演で有名な金子勝先生(立正大学教授 憲法)をお招きし、私たちの暮らしと憲法がどのように関係しているのか、今憲法改憲の動きがどうなっているのかなどをわかりやすくお話いただきます。また、当日は日韓交流グループによる合唱も予定しております。

多くの皆様が、本集会の趣旨に賛同し、あるいは興味を持って、“だから今KENPO憲法 歌と講演でSTOP改憲!緊急集会inすみだ”にご参加くださいますことを心より訴えます。