弁護士多数在籍!東京東部法律事務所|墨田区・江東区・江戸川区・葛飾区-法律相談
新着情報

架空請求にご注意! 【弁護士 坂本 隆浩】

 「オレオレ詐欺」が話題となってからしばらくたちますが,いまだにその件数が減ることはありません。件数としては増えているといってもいいくらいです。バスの車内放送などで注意喚起されているように,今後も十分注意する必要があります。

 今回お知らせするのは,「オレオレ詐欺」ではなく「架空請求」というものです。

<メールでの架空請求>

 メール,SMSで「有料コンテンツ利用料」「アダルトサイト利用料」などの名目で利用料を請求されたことがある人は少なくないのではないでしょうか。スマホを利用して様々なサイトを閲覧ことができるようになったからこそ,「あれのことかな」などと「忖度」してしまうような名目を使って請求されることもあります。期限までに「連絡」しないと訴訟提起や身辺調査するなど不安がらせる言葉があるのが特徴です。

 対処法はただ一つ。無視することです。間違ってもこちらから電話しないことです。相手はメールアドレスを知っているだけで,住所を知っているわけではありません。不安になって電話をすると,そのメールアドレスが生きていることを知らせることになりますし,住所や勤務先を聞きだされることになります。こちらを不安にさせて様々な情報を聞き出すのは相手が一枚上です。そのため,無視することが最も効果的な対処法です。住所もわからなければ裁判を起こすこともできませんから。

<架空請求ハガキ>

 では,ハガキで請求されたらどうするか。

 ハガキの差出人として「法務省管理支局 民事訴訟通達センター」「国民訴訟通達センター」「地方裁判所管理局」など,さも公的機関からのハガキであるかのような体裁が取られます。差出人の住所として,実在する裁判所,法務局などの公的機関の住所が記載されることもあります。内容としては「訴訟が提起された」「連絡なければ給料等の差し押さえをする」「裁判取下げ最終期限までに連絡が必要」などと記載され,ご丁寧に本人からの連絡が必要とまで記載されています。保護シールのはられたハガキという手の込んだものもあります。

 こちらの住所・氏名も知っている,裁判所からのハガキで大変なことだと思わせる体裁が取られています。

 しかし,裁判所からハガキで訴訟を通知することはありません(裁判所のホームページにもそう書かれています)。住所・氏名もどこからか名簿が流失しただけですので,ハガキで来たからといって心配することはありません。不安になってハガキの連絡先と書かれたところに電話すると,その住所にあなたが住んでいるという情報を与えることになるだけです。架空請求メールと同様に無視するのが一番です。

<名簿流失解決名目の請求>

 架空請求を無視していても,「名簿が流失している,それを解決するためのお手伝いをします」というメールやハガキが来ることがあります。架空請求先に電話してしまった場合,電話でそのような知らせが来ることもあります。差出人としては,実在する弁護士の名前が使われることもあります。

 これも架空請求です。架空請求の仕上げといってもいいかもしれません。名簿流失問題・架空請求問題を解決するためと称して弁護士費用名目で金銭をだまし取ろうというものです。実在の弁護士の名前が使われていたとしても,連絡先の電話はその弁護士の使用するものではありません。

 架空請求側が複数の人物をかたって詐欺をはたらくのを劇場型詐欺といいます。弁護士から連絡がきたというのも,劇場型詐欺の一つです(弁護士だけでなく,警察官,駅員,銀行員など,詐欺の内容によって様々な役割の人を登場させることがあります)。劇場型詐欺の大きな特徴は,考える時間を与えずに金銭をだまし取ろうとすること,第三者に相談させないようにすることです。この特徴を忘れずに,勇気を振り絞ってわずかな時間でいいから第三者に相談することが必要です。

<無視してはならないのは>

 架空請求は無視するのが一番ですが,本当に裁判所からのもの,特に訴状であれば無視してはなりません。本当に裁判所からの手紙であるかどうかは,①封書で届いているか,②特別送達で届いているかが目安となります。

 ①裁判所からのものは封書で届くのが普通ですが,東京簡易裁判所からの支払督促は封書ではなく袋とじ状のもので届くこともありますので注意する必要があります。

 ②裁判所からのものは特別送達で届きます。袋とじ状の支払督促でもそうです。普通郵便で届くことはありません。書留より厳重なものですので,裁判所から書留めいたものが来たら裁判所からのものと思って間違いありません。

 他に,裁判所のホームページに書かれている電話番号と送られた書類の裁判所の電話番号が一致していれば裁判所からのものと判断できます。

 裁判所からの手紙であれば,訴状でも支払督促でも期限がありますので,早めに弁護士に相談することをお勧めします。

<最後に>

 架空請求は手を変え品を変えやってきます。こちらが考えてもいなかったような手段で請求されることも出てくるでしょう。支払ってしまった金銭を取り返すのは容易ではありません。くれぐれも心当たりのない請求には簡単に支払いしないことが必要です。

弁護士活動コラム   2018年12月11日   admin